押入れ棚を「すのこ」で作ってみた!

今住んでいる部屋の押入れの奥行きが、70cm弱。
転居前と比べると5cmほど短かくなってしまいました。
引越してから荷物の整理がうまくできず、部屋がごちゃごちゃしてきましたので
思い切って押入れ用の棚を作ってみました。

すのこを使った押入れ棚の作り方

「収納王子コジマジック」の本より、すのこラック をヒントにしました!
すのこは全部で10枚。
奥と手前に2つ棚を作ることで押入が有効活用出来るかと!

※参考資料
収納王子コジマジックの100円グッズ・カラボ・スノコで絶対片づく!収納600

まず、
ごちゃっている押入れはこんな感じです。
tana_00-1
tana_00-2
かわいい系のグッズは妻のものですよー(^^)

入りきらない荷物は部屋の隅に置いています。
押入れの空いているスペースにも荷物を置けるように棚を作ることにしました。

使用したもの

  • すのこ:10枚
  • つっぱり棒:2本

すのこ
すのこ
コーナンで、75×33cmのサイズを購入。2枚で380円
100均では小サイズしか見当たらなかったです。探せば大サイズがあるかも?

つっぱり棒
つっぱり棒
画像は4本ですが、今回は2本のみ使いました。

組み立て

すのこはボンドでくっつけてしまうのがグッドかと思いますが、
ひとまず、つっぱり棒で側面を支えてもらいます。
すのこ・つっぱり棒で棚作り
こんな感じで。

すのこ・つっぱり棒で棚作り
すのこがズレないように止めます。

すのこ・つっぱり棒で棚作り
次に、すのこをどんどん重ねていきます。

すのこ・つっぱり棒で棚作り
手前にも同じように作ります。

すのこ・つっぱり棒で棚作り
手前の側面も、つっぱり棒で支えます。

これで完成です。

ひとまず手持ちの整理用箱などを使って整理してみました。
すのこ・つっぱり棒で棚作り
棚にはまだ空きがありますが、
部屋の方は大分かたづいています。
しばらくの間これで様子をみてみようと思います。

最初は、突っ張り棒4本いるかなーと思ったんですが、
側面の片側は壁に密着させたため2本ですみました。

ボンドを使った方がしっかり固定するとは思いましたが、
また引越す予定があるため、ひとまず解体しやすいように作りました。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大